腰痛、座骨神経痛、足のシビレ

腰痛、座骨神経痛、足のシビレや痛みの原因は、筋肉筋膜のコリ、背骨骨盤の歪み、椎間板の損傷老化(ヘルニア、縮小)、背骨周辺の筋肉の筋力低下(運動不足、過労、老化)、背骨の老化(骨粗鬆症、狭窄症)などですが、整体術で背骨骨盤の矯正、筋肉筋膜の調整などを行えば、多くの痛みが改善します。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などでも施術できます。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離すべり症、骨粗鬆症などでも、ごく一部の重症のものを除いて整体の施術が可能で、背骨骨盤の矯正、筋肉筋膜の調整を行う事で、多くの痛みが改善します。

背骨骨盤の矯正については、①本格矯正(若い人向き) ②ソフト矯正(年配の人向き)という二つの矯正方式を用意し、症状に応じて使い分けています。安心して施術を受けられます。

早く治る痛みと中々治らない痛み、どう違う?

痛みの原因は大まかに言うと、①筋肉筋膜のコリ、②背骨骨盤の歪み、③椎間板の損傷老化(ヘルニア、縮小)、④背骨周辺の筋肉の筋力低下(運動不足、過労、老化)、⑤背骨の老化(狭窄症、骨粗鬆症)などです。

痛みの原因が①筋肉筋膜のコリ、②背骨骨盤の歪み、だけのときは整体が良く効きます。1~5回の施術でほとんどの痛みが改善します。

痛みの原因が①筋肉筋膜のコリ、②背骨骨盤の歪み、だけでなく、③椎間板の損傷老化、④背骨周辺の筋肉の筋力低下、⑤背骨の老化、などを伴うときは治りが遅くなりますが、整体術を定期的に続けることで、徐々に痛みが改善されます。

40肩50肩(肩関節周囲炎)

40肩、50肩の痛みの原因は、筋肉筋膜のコリ、背骨骨盤の歪み、肩関節の歪み、肩関節周辺の筋肉の筋力低下(運動不足、過労、老化)などですが、整体術で背骨骨盤の矯正、筋肉筋膜の調整、肩関節の調整などを行えば、肩関節周辺の頑固な痛みや可動制限が改善します。

40肩50肩は体の老化と関係しているので、回復には日数がかかると思われていますが、整体術を受ける事で肩関節周辺の頑固な痛みや可動制限が改善され、回復までにかかる期間を短縮できます。

外反母趾

外反母趾は、足母指と中足骨を繋ぐ靭帯が劣化して支持力を失い、足母指が変な方向に曲がってしまう症状ですが、重症化すると骨が変形し足母指を正しい位置に戻すのが難しくなります。従って早期の施術と定期的なメンテナンスをお勧めします。

外反母趾の直接の原因は、足母指と中足骨を繋ぐ靭帯の劣化と骨の変形ですが、間接的に足母指以外の足指、中足骨、足根骨、足関節、膝関節、股関節、骨盤、腰椎などの骨と、それらを支える筋肉、筋膜、靭帯、軟骨などが複雑に関わっています。

整体で、腰椎や骨盤の矯正、股関節、膝関節、足関節の調整、足指、中足骨、足根骨の調整、それらの骨を支える筋肉、筋膜の調整などを定期的に行う事で改善します。






腰痛、座骨神経痛、足のシビレ、40肩50肩

トップページ